Botanic Gardens Conservation International
BGCI provides a global voice for all botanic gardens, championing and celebrating their inspiring work. We are the world's largest plant conservation network, open to all. Join us in helping to save the world's threatened plants.

植物アップロードの手順 (PlantSearch Upload Instructions - Japanese)

English


          Go To GardenSearch!                                                              Go To PlantSearch!


PlantSearch 植物検索にコレクションを加える方法

BGCIでは、植物コレクション(植物、種子、外植片)を管理する各植物園のマネジャーに自園の植物リストをPlantSearch(植物検索)にアップロードすることを推進しています。それらのデータによって、BGCIでは生存している植物のコレクションに対する保護価値を評価し、世界の植物学コミュニティにおいてつながりを作ることを促進しています。植物アップロードの過程における有効性についてはこちら(近日更新予定)

植物アップロードの過程

PlantSearchへ植物リストをアップロードすることは、すばやく、簡単に、無料で行えます!主なステップは以下の通りです:

  • Garden Editor(植物園編集者)になる
  • 貴園のプロファイルにログインし、貴園のBGCIプロファイルをアップデートする
  • 貴園の植物リストをつくり、貴園のプロファイルを通してPlantSearch(植物検索)にアップロードする

詳細なステップは以下の通りです:

  1. Garden Editorになる:BGCIのGardenSearch (植物園検索)データベースにて、貴園のプロファイルを検索し、貴園のプロファイルのページの右上にある Edit Garden Button ボタンをクリックしてください。その後、貴園のプロファイルにアクセスするためには、Garden Editorへ登録する必要があります。もし、まだ登録していないようでしたら、Garden Editorへの登録をしてください。ユーザーネームとパスワードが、1-3営業日以内に届きます。また、貴園がGardenSearchに登録されていない場合も、同様にGarden Editorに登録してください。

  2. Click to Enlarge貴園のBGCIプロファイルをアップデートする:貴園のプロファイルにログインできましたら、連絡先などの情報が最新のものになっているか、正確であるかをチェックしてください。何千人もの人々が植物や植物園を調べるためにBGCIのウェッブサイトにアクセスしているので、貴園の情報ができるだけ詳細で最新のものであることをお勧めします。プロファイルの左のナビゲーションバーのカテゴリーを使い、それぞれのカテゴリーを選択し、アップデートすることができます。貴園の画像なども是非アップロードしてください。更新した後は、Garden Editor スクリーンの下部にある‘Save and Continue’(保存と続行)ボタンをクリックしてください。 (右側の画像を拡大するにはクリックしてください)

  3. 貴園の植物リストをつくる:次に、貴園で既存するデータベースやリストをもとに、植物リストのレポートを作ります。リストは、貴園で生存するすべての植物コレクションの植物名(分類名など)を含み、CSV(カンマ区切り)形式 (BG-BASE ユーザー: 以下の中を参照)でドキュメントを作ります。CSV(カンマ区切り)形式のドキュメントをMicrosoft Excelで作るには、「ファイル」→「名前を付けて保存」→「その他の形式」を選択し「ファイルの種類」の部分で「CVS(カンマ区切り)形式」を選択し、保存します。

    以下の表は、必要な7項目の情報を、記入例も含めて表示しています。植物リストを作るためのテンプレートとしてお使いください。保存する場合は、注意書き、項目名、例を消去してから保存してください。また、英語で記入してください:

    Click to open a CSV Template

    (表をクリックすると、テンプレートが開きます)
    *
    *植物リストを作成する上での注意(質問などがありましたら、BGCIにお問い合わせください
    -貴園で維持しているすべての植物を含めることができます。長期に渡って保存されている生育し得る種子も含めることができますが、種子リストを別にアップロードするには、BGCIにお問い合わせください。
    -必要な7項目の配列に適合しない植物名は、PlantSearchには含まれません。適合されない植物名は、データーベースによって自動的に却下される可能性があります。
    -パンクチュエーションの有無に限らず、短縮されたまたは短縮されていないInfraspecific Rankは、PlantSearchに含むことができます。
    -シングル・クォーテション・マークで囲まれていたり、またはアポストロフィーがあるCultivar Epithetも含むことができます。
    -PlantSearchは植物の保全をサポートするためのデータベースです。したがって、種レベルを主な焦点とし、品種、ハイブリッド種、類似する分類群は、データーベースによって自動的に却下される可能性があります。

    BG-BASE ユーザー: 貴園の植物リストをCVS(カンマ区切り)形式で作るための説明は、こちら (PDF version) または、 こちら(TXT version)をクリックしてください。

  4. CSV(カンマ区切り)形式ファイルを確かめる: 作成したファイルをNotepad(メモ帳)、または似たようなプログラムで開き、CVS(カンマ区切り)形式であることを確認します。もしファイルが正しく作成されていれば、7項目'genhyb,gen,sphyb,sp,isprk,isp,cul' の配列で並んでいるはずです。各項目は、カンマで区切られており、空白の項目もカンマで区切られています。(例: もしその植物がgenusとspecific epithetで構成されていれば、,gen,,sp,,,となります。)ステップ3で示したように、記入した名がそれぞれ意図した項目に正しく対応しているか確認してください。正しくフォーマットされた植物リストは次のように見えます:
    ,Abronia,,turbinata,,,
    ,Abronia,,villosa,,,
    ,Acacia,,asepala,,,
    ,Acacia,,blakelyi,,,
    Click to Enlarge
    もし必要であれば、Microsoft Excel でファイルを開くこともできます。ステップ3で示したように、記入した名がそれぞれ意図した項目に正しく対応しているか確認してください。CSV(カンマ区切り)形式のドキュメントをMicrosoft Excelで確認するためまたは作成するためには、「ファイル」→「名前を付けて保存」→「その他の形式」を選択し「ファイルの種類」の部分でCVS(カンマ区切り)形式を選択し、保存します。後でアップロードするため、保存した場所を覚えておく必要があります。 右側の画像を拡大するにはクリックしてください)

  5. 貴園のリストをアップロードする: ステップ1に戻って、貴園のプロファイルにログインします。貴園のプロファイルのスクリーンの左側にあるナビゲーションバーの中で、‘Plant Upload’(植物アップロード)を選択します。次の画面で、‘view’ または ‘download’の選択や、貴園によって過去にアップロードされたものがでてきます。もし過去に一度もアップロードしていなければ(過去にアップロードしている場合はステップ6を参照)、メモ帳からカンマ区切りでリストされたテキストをコピーし、テキストボックスにリストを添付するか、もしくは"Browse..."のボタンをクリックし貴園のコンピューターからCSVファイルを選択します。 (右側の画像を拡大するにはクリックしてください)

  6. 既存のリストをすべて置き換える: 適切なファイルを選択した後、もし現在のリストを最新のリストと置き換える場合は、‘Replace current plants list’(既存のリストをすべて置き換える)のボックスをチェックしてから、‘Upload Plants’(植物をアップロードする)をクリックしてください。

    **もし、既存のリストに最新のリストを付け加える場合は、'Replace current plants list' (既存のリストをすべて置き換える)のボックスをチェックしないでアップロードしてください。または、別の方法として、まず最初に'Download your full current list'(現在のリストをダウンロードする)をクリックし、ダウンロードされたCSVファイルに最新のリストを付け加え、それを保存してから、そのファイルをアップロードすることもできます。

  7. フィードバックを受けとる: 一旦リストが送信されると、the International Plant Names Index (IPNI) (http://www.ipni.org/))とPlantSearch(植物検索)データベースの植物名が一致しているかどうか相互参照されます。24時間以内にBGCIサーバーから貴園のGarden Editor登録メールアドレスにメールが送信されます。このアップロードレポートには、IPNIのデータと一致しない植物名がある場合、それらの名前がリストから却下される旨が報告されます。このプロセスで、リストの中で植物名のミススペルや間違いを正すことができます。レポートでそのような間違いに気づいた場合、リストを見直して編集し、再度アップロードすることができます。尚、承認されるはずの植物名が却下された場合は、直接BGCIにお問い合わせください。

  8. 最大限に活用する: 承認された貴園のすべての植物リストは、PlantSearchによってオンライン上で保持されます。また、貴園のプロファイル上にある‘Plant Upload’(植物アップロード)のページからダウンロードすることも可能になります。貴園のオンライン植物リストは、次のような様々なインデックスと相互参照されます: IUCNレッドリスト1997 、IUCNレッドリスト、 NatureServe Global Ranks for North America、CITES Appendices、a list of Crop Wild Relative Genera、the GLORIA alpine species list、Tropicos、 Google 画像など。植物アップロードにおける有効性や活用方法についてはこちら(近日更新予定)

植物リストへのご協力、ありがとうございます!その他、質問やコメントがありましたら、BGCI お問い合わせください。

Instructions last updated December 17, 2012