Sign up to our newsletter:

豊かな日本の植物相

野生植物は7,000種

Japan日本は南北に細長く、北は亜寒帯から南は亜熱帯まで幅広い気候帯、豊かな降水、そして四季があるのが特徴です。また四周を海に囲まれた国土の内部は、起伏の多い複雑な地形をしています。このような多様な気候と地形によって、日本には多くの種類の植物が生育しています。さらに日本列島は、氷河による大量の生物種の絶滅にはあうことがなく、一方では大陸との分断と結合による生物の侵入と隔離が繰りされるなど、地史的背景も自生植物を豊かにする過程をたどりました。

 

 

 

 

Nougyouさらに日本人の生活は、伝統的に、衣食住から精神活動に至るまで、自然と共に営まれてきており、長年の人の手入れによって維持されてきた場所も、国内の重要な自然環境となっています。日本には、このような管理された自然環境を生育地とする野生植物も多く見られます。

 

 

 

 

 

Tamasida日本には、およそ7,000種の維管束植物(種子植物とシダ植物)種が生育し、そのうちの約4割(約2,900種)が日本固有種といわれています。世界に誇る独特で豊かな日本の植物相は、こうした自然条件と人の働きかけの相互作用によるものなのです。

 

 

 

 

 

戻る