Sign up to our newsletter:

社団法人 日本植物園協会

日本全国には、総合植物園や薬用植物園など特定目的の植物園が多数あります。

これらの植物園は来園者の植物に関する知識を高め、自然に親しむ心を養い、あわせて学術研究などに資するために運営されています。この内の代表的な植物園が結集して、(社)日本植物園協会を作っています。

協会は1947年に結成され、1966年に政府公認の法人になりました。加盟している植物園は、現在、約130園です。

協会は植物園に関する調査研究、文献の収集、関連図書の発行、植物園と社会との情報交流など植物園事業の発展に関する業務を行っています。その組織 は大学附属植物園、国や地域の植物園、私立植物園、薬用植物などの専門植物園の4部会に分かれています。協会内には諸事業を推進する委員会が設置され、植物園間の種苗交換、世界各国への学術調査隊派遣、各地での研修会や研究会の実施などを行い、植物園の充実を図っています。また、海外から持ち込まれ、放棄された植物を加盟園で保護する他、海外との事業や交流も積極的に行っています。

5月下旬には年次大会が行われ、加盟園で行われた多くの研究成果が発表されます。さらに、日本植物園協会誌や植物園ニュースなどの定期刊行物や各種の植物及び植物園に関する印刷物も発行しています。

Japan Association of Botanic Gardens AGM
植物園協会の2006年度研究発表会

 

(社)日本植物園協会HPアドレスは http://syokubutsuen-kyokai.jp

戻る