Sign up to our newsletter:

水と植物

「世界の水資源は、私たちの生存のため、そして21世紀における持続可能な開発のための命綱(ライフライン)である」

アナン国連事務総長「命のための水:国連10年」宣言にて

  

アヴェダ・ジャパン 2007年アースデー月間パートナーシップ事業

 

米国化粧品メーカー、アヴェダは、毎春「アースデー月間」キャンペーンを行い、世界中のアヴェダのネットワークを通して環境保全を呼びかけています。 このキャンペーンの2007年のテーマは”水”。アヴェダ・ジャパンは、「あらゆるいのちに水の恵みを」をキャッチフレーズとして、日本での水に対する問題意識の向上を願って、全国的な募金・啓蒙活動を行いました。2007年アースデー月間のパートナーとして選ばれたBGCIは、こうして集められた募金を受け、”水と植物”という観点から下記の活動を行いました。

  

  

水草保全ネットワーク設立

 

水辺の生態系は、地球環境において重要な役割を果たしています。特に日本では、湿地や水辺が人の生活に強く結びついてきた歴史があり、生物学的観点からだけでなく、文化や心情的な面からも、人と自然のかかわりを再認識するための場として、湿地や水辺の価値が、今日、再認識されつつあります。 しかしながら、こうした場所は、人間活動の影響を受けやすく破壊されやすい環境でもあります。水辺の生態系は、世界的に悪化する一方で、その重要な構成要素である水生植物の多くが、絶滅に危機にさらされています。

日本における水生植物の保全を効率的にかつ強力に推進し、その資源を有効に利用することを目指し、2007年9月、全国5ヶ所の植物園と協力して水草保全ネットワーク(Japan Aquatic Plants Conservation Network)を立ち上げました。

水草保全ネットワークでは、より多くの人々が水草に興味と関心をもち、その栽培や保全が正しく行われるように広く呼びかけるために、最初の活動として、PRポスターの製作、しおりの製作と配布、およびホームページの開設を行いました。

詳細はこちら>>>

 

Roots vol.4 no.2 (25号)の 日本語版作成

 

BGCI教育機関誌Roots25号は、水をテーマに、水と植物の話題を取り上げています。国内の植物園関係者およびより多くの市民の、水問題への関心が高まるように、同誌を日本語に翻訳し、植物園およびアヴェダ・ジャパン・ネットワークを通して、国内で幅広く配布しました。

oots 25号 日本語版 ダウンロードはこちら>>>

 

 

 

 

BGCIは、アヴェダ・ジャパンに感謝するとともに、これらの活動が、より多くの人々が水の恵みを感謝するようになり、世界の水問題の解決へと結びつくことを願っています。 そして、青い地球がいつまでも美しく、豊かな生き物の宿る星であるように。

 

Aveda